母子家庭

ジスコ不動産子ども支援基金とは?こども食堂と宅食取り組み他大村市母子家庭世帯状況についても!

母子家庭で子育てに悩んでいるお母さんも多いと思います。イライラして怒ってしまった罪悪感。精神的な不安も人知れず。一人で悩まず相談してください。ジスコ不動産がされている取り組みが、大村市にもっと浸透してほしいとの思いから書きました。私もシングルマザーの一人として、生きやすい世の中作りを目指します。

大村市母子家庭世帯数

大村市の母子家庭世帯を確認しましょう。

2020年3月2日現在、母子家庭の状況。

大村市の総世帯数36,070世帯のうち、母子のみで生活している世帯が843世帯、その他の世帯員(母の親・兄弟など)も同居している世帯を含めると1,127世帯となっています。

子育て世帯の3%が母子家庭で、母子のみ生活をされている世帯843世帯。

子ども支援基金

ジスコ不動産のこれまので取り組みは以下をチェック。

ジスコ不動産(長崎県諫早市)は、子どもの教育促進や進学支援を目的とした「子ども支援基金」の応募を受け付けている。

対象地域をこれまでの諫早、大村両市から拡大し、本年度から新たに雲仙市を追加した。募集は6月末まで。

不動産、ホテル業の同社は社会貢献活動の一環として2016年から諫早、大村の計4カ所で毎月1回ずつ、「子ども食堂」を運営している。

同基金は、「子ども食堂」の活動を発展させた形で昨年度から始めた。

3~15歳(中学3年)を対象に月1万5000円(年間18万円)を原則1年間支給し、返済は不要。最大10人。

URL:https://www.nagasaki-np.co.jp/kijis/?kijiid=505029029264147553

このような取り組みをされる企業が増えますように。子どもは社会の宝です!

子ども宅食

以下取り組みもされています!募集は終わっています。

子どもは、社会の宝です。親だけが担うことでは、ありません

URL:http://jisco-group.net/csr/child-support.html

こども食堂

迷わず参加しましょう!毎月開催されています!!!!!

URL:http://www.jisco-group.net/up/kodomosyokudo.pdf 参照

心の相談:カウンセラー

大村市で、カウンセラーをされている方をみつけました。

子育て相談発達の悩みしつけの相談もされているようです。

メールで予約を受けつけられているみたいですね。

力カウンセリングルーム
ホットミルク 心理カウンセラー 吉野潤子先生

大村市木場一丁目921-2
090-2082-4748
mamo21@ezweb.ne.jp

ちなみに、私が大変お世話になっていましたカウンセラーさんは、

佐世保のカウンセラーさんです。本当にしんどい、死にたいなど思われた方、まずメールで相談してみてください。真剣に考えて下さいます。

カウンセリング佐世保をチェックされたい方はこちらから

中坂裕計 (なかさか ひろかず)先生



まとめ

こども食堂のボランティアとして、参加してみました。本当に困っている家庭が参加されて
いないのではないか?どうしたら、みんなが参加しやすい場所を作ることができるのか。
子どもたちと子育てママの幸せのために。
これからの私の課題です。私に今できることは何なのか?

ABOUT ME
ともな
大村市在住。小学生の娘2人のシングルマザー語学大好き。実家暮らし。 朝のNHK語学講座を家事をしながら視聴 長女が生物好き ジャンガリアンハムスター(メス)・水泡眼(メス)・赤はらイモリ4匹・メダカ30匹以上、 オニヤンマのヤゴ、アフリカツメガエル2匹(10センチ) 、ツマグロヒョウモンの幼虫、川しじみ、只今飼育中!